火災保険を使って屋根リフォームをする時の重要なチェックポイント


こんにちは!屋根工事専門 マックスリフォームです。

前回のスタッフブログでは、災害による被害時に火災保険を適用してお住まいの原状復旧が出来るという事を解説いたしました。

火災保険は、火災や爆発による被害だけでなく、さまざまな自然災害による損害にも対応しています。


台風や雪災、雹災などによって屋根に被害が出た場合、火災保険の特約の適用により修復することが可能なのですが、必ず注意しておかなければならないポイントがあるんです。

火災保険適用時の重要ポイント ① 経年劣化ではなく災害による被害かどうか

火災保険は、経年劣化や日常のメンテナンスに起因する被害には適用されません。

屋根工事を火災保険で補填するには、被害が自然災害(台風、地震など)やその他の火災保険の対象となる要素(落雷、爆発など)によって引き起こされたものであることが前提です。

台風による被害を偽って屋根点検時にわざと瓦を踏み割る悪徳業者もいるのでご注意ください!

火災保険適用時の重要ポイント ②3年以内の自然災害によって受けた被害かどうか

火災保険は、自然災害による被害を対象としていますが、一般的には3年以内の災害に限定されます。

台風通過後にすぐに破損などの被害に気づければいいのですが、しばらく経ってから発覚することもありますよね。

そうした時に保険会社に補填を申請する場合は、屋根の被害が直近3年以内の自然災害によって発生したもの限定となります。

被害が発生してから時間が経過してしまった場合は、火災保険の適用が制限される可能性があります。

3年以内に発生したものであることを保険会社に証明する必要がある

これらのポイントに留意して、火災保険を利用するためには、被害が自然災害によるものであり、かつ3年以内に発生したものであることを保険会社に証明する必要があるのです。

被害の詳細な写真や証拠、保険契約書などの提出が求められる場合もありますので、保険会社との連絡や手続きには注意が必要であることを覚えておきましょう!

保険金が支払われる基準について

また、覚えておくべきポイントの1つですが、火災保険において保険金の支払いは、一定の基準に基づいて行われます。

ほとんどの保険会社では、被害額が一定の金額を超える場合に保険金が支払われます。

①20万円以上の工事が対象

火災保険では、被害の程度や修繕にかかる費用に応じて保険金の支払いが行われます。

多くの場合、20万円以上の工事が必要とされるような被害や修繕が対象となります。 

これは、比較的大きな被害や重要な修繕に対して保険金を支払うための基準となっています。

※屋根修理時には足場を組みますので、20万円を切ることはほとんどありません。

②一定の金額未満の被害は自己負担となる場合がある

20万円未満の被害や修繕に関しては、保険金の支払いが行われない場合があります。

小さな被害や日常のメンテナンスに起因する修繕は、個々の負担となるという考え方ですね。

これは、加入されている保険契約の内容・特約によって異なりますのでご注意ください。


保険契約の内容や特約によって異なります

火災保険の契約内容や特約によっても保険金の支払い条件が異なってきます。

一部の契約では、20万円未満の工事でも保険金が支払われる場合もありますので、保険契約書や保険会社の指示に従う必要があります。
保険と共済の違い
また、保険と共済の違いもあります。

保険は、免責がありますが全額支払われます。

共済は、一時金お見舞金ということで5万円~10万円に制限される可能性があるのでこれも注意しておきましょう。

火災保険による補填を考えている場合は最初に保険会社に確認を

ここまで火災保険を使って屋根リフォームをおこなう際の注意ポイントを解説いたしました。

何よりもまず大事なことは、火災保険を利用して工事を考えている時はまず最初に保険会社に問い合わせて確認をしておくことが大切です。

屋根点検時の写真が必要であることなど条件を確認し、補填金額について把握してから工事業者と契約をするようにしましょう(*^^*)

災害後に訪問してきて屋根被害の不安を煽りながら契約を迫ってくるような悪徳業者にはくれぐれもご注意くださいね!