高槻市 屋根修理 プロの施工で屋根を復活させる【施工事例】

※2021年5月20日 記事公開

こんにちは!屋根工事専門 マックスリフォームです。

高槻市で屋根修理業者をお探しですか?

今回は、弊社が高槻市でおこなった屋根修理の施工事例のご紹介です。トラブルを解決し、屋根機能を復旧させるには、雨水の流れを把握した上での施工が不可欠。

弊社の屋根職人たちによる、丁寧・確実な屋根修理をじっくりとご確認ください!

 関連ページ 

 関連動画 
「大阪の雨漏り修理費用の相場を教えます!【大阪屋根工事屋チャンネル】」はこちら

高槻市 屋根修理の施工事例【ビフォーアフター】

まずは、弊社が高槻市でおまかせいただいた屋根修理のビフォーアフターです。
地域
高槻市
築年数
約30年
修理のきっかけ
台風による部分的な屋根の崩れ
修理内容
棟の積み替え
200302_maxreform_LP_fmt_14
崩れた棟は葺き土が露出
台風により被害を受けた屋根は、大きく崩れて中の下地材まで剥き出しです。

このままでは雨漏りに発展することはもちろん、新たな屋根材の飛散や落下の恐れもあります。

200302_maxreform_LP_fmt_24
200302_maxreform_LP_fmt_16
強力棟工法で復旧した屋根
修理前の棟は瓦6枚が積まれていましたが、今回、瓦1枚で仕上げています。

さらに、屋根と棟を一体化させる「強力棟工法」を採用し、耐風性・耐久性・防水性にすぐれる屋根仕様となりました。

高槻市 屋根修理 プロの施工で屋根を復活させる【施工事例】

それでは、実際の施工模様をくわしく見ていきましょう。

高槻市 屋根修理step1「ブルーシートの撤去」

IMG_0251
応急処置として被せておいたブルーシートを撤去し屋根修理スタートです。

屋根は台風によって瓦が崩れ、下地材が剥き出しになっていましたが、ブルーシートが雨水浸入を今日までしのいでくれました。

屋根面には下地材の土が散乱しているのが分かります。下地材が流れ出てた屋根は瓦の固定力が落ち、非常に不安定になっています。

高槻市 屋根修理step2「既存瓦と葺き土(ふきど)の撤去」

IMG_0220
まずは既存の瓦と下地材の葺き土(ふきど)を撤去します。

既存の棟は葺き土の上に瓦が6段積まれていますが、今回はこれらの葺き土や瓦は使用しません

棟を内部から造り替えるため不要となる瓦は地上に下ろして廃材処分となります。

2021年現在、不要となった廃瓦は加工され、壁材や舗装材などの「建築資材」や「園芸資材」としてリサイクル販売されることも増えています。

高槻市 屋根修理step3「強力棟金具の設置」

心木取付金物
強力棟金具を直接既存下地にビス打ちし固定します。

強力棟金具を設置することで、「既存屋根」と「棟」をほぼ一体化させることが可能です。

部分的な屋根工事でも成形可能な防災棟
強力棟工法とは、震度7にも耐え、各地域の基準となる風速にも耐えうることを条件とした※ガイドライン工法により施工される棟のことをいいます。

強力棟工法で施工された棟は、「防災棟」や「強力棟」などとよばれます。

棟の下地に葺き土や漆喰を用いている場合、漆喰の剥がれによって葺き土に雨水が浸み込みます。葺き土は、「湿る・乾く」を繰り返すことで徐々に脆弱化し、瓦の固定力が低下します。

瓦のズレは、地震や台風による屋根の崩れや飛散に発展しやすいです。屋根修理の際には、強力棟工法で屋根を防災仕様に変更されることをおすすめいたします。

※2000年5月に改正された建築基準法に基づく屋根工法のこと

高槻市 屋根修理step4「棟芯材を固定」

心木ビス止め
強力棟金具に棟芯材を取り付け、再度からビスを打ち込み固定します。

芯材には垂木(たるき)とよばれる木材を使用しています。のちほど、この芯材に瓦を直接ビスを打ち込み固定します。

心木取付完了
以前は下地材として葺き土を盛り、隙間に防水のための漆喰を詰めて下地を成形していました。しかし、漆喰の劣化とともに、葺き土に雨水が浸みこむことで徐々に瓦にズレが生じやすいです。

瓦は50年以上と高寿命なのに対し、漆喰は施工から15年程経ては劣化症状が現われます。

少々のズレが屋根に生じたからといって、「即、トラブル発生!」とは至らないものの、そこへ、予期せぬ地震や台風、ゲリラ豪雨など災害による影響を受けるとどうでしょうか。

元々、不具合が生じていた箇所に一気に風雨によるストレスがかかると、「屋根の崩れ」「雨漏り」「屋根材の落下、飛散」などのトラブルに発展します。

下地から棟を造り替えることで、下地全体の強度を高めて災害に強い屋根に仕上げられます。

高槻市 屋根修理step5「おいあて瓦の調整」

IMG_8394
屋根面どうしの重なり合う箇所が「棟」です。そのため、棟には隙間が生じます。

この隙間は出来る限り狭くなるよう施工されていますが、経年によって徐々に瓦がずれ、隙間が広くなっていることも少なくなりません。

「棟の隙間が広い⇒雨水浸入リスクが高い

そのため、棟を取り払った際におこなうべきなのが、棟に隣接する瓦を現場加工し、広くなった隙間を狭めるための「おいあて瓦の調整作業」です。

職人が専用のハンマーを使用し、分厚く硬い瓦を「カンカン」と思った通りに叩き割ります。見ている以上に難しい作業です。

しかし、屋根職人によるこのひと手間が、「雨漏りしにくく長持ちする屋根」を造り上げます。ただ、おいあて調整した箇所は上から瓦をのせてしまえば全く確認できません。

「おいあて調整をしている=丁寧な施工をしている」ともいえますね。

IMG_83971
●今までの棟 
「葺き土⇒瓦6段⇒銅線でくくり付け⇒漆喰で防水」

●今回成形する防災棟 
「強力棟金具を既存屋根にビス固定⇒金具に棟芯材をビス固定なんばん漆喰⇒瓦1段⇒瓦を芯材にビス固定

強力棟工法では下地材に葺き土は使用しません。

今までは、瓦の固定のために葺き土を詰め、その上から瓦をのせていました。そして、葺き土が濡れぬよう隙間に詰められていたのが漆喰です。葺き土に漆喰がコーティングされたような感じともいえます。

そのため、葺き土と漆喰で「下地が二層構造」になっていたため、表面の漆喰が劣化でパリパリに剥がれると、内部の葺き土が濡れて瓦のズレを引き起こしていました。

今回は、葺き土と漆喰の役割を兼ね備えさらに、防水性と耐久性にすぐれた「なんばん漆喰」を使用します。なんばん漆喰は通常の漆喰に「シリコン」「防水材」「油脂」などを混ぜ込んだ建材です。

高槻市 屋根修理step6「なんばん漆喰の施工」

黒なんばん固定
棟芯材の両サイドになんばん漆喰を詰めます。(上写真の黒い建材)
なんばん漆喰は「漆喰」という名前ですが、従来の漆喰とは別物です。

棟の隙間を埋めるようになんばん漆喰を詰めていきます。このときに、棟芯材の上部はなんばん漆喰を施工せず、木材を露出させておきます。
黒なんばん固定
棟芯材のサイドになんばん漆喰が施工されました。

なんばん漆喰は非常に粘着力があり、瓦を固定する力も高いです。また、乾燥し硬化することで、セメントのような強度も発揮します。素材自体が水を弾くので、雨水にも非常に強く防水性が高いのが特徴です。

高槻市 屋根修理step7「瓦をのせる」

防災棟瓦取付
なんばん漆喰と棟芯材の上から仕上げとなる「冠瓦(かんむりがわら)」を一枚押し付けます。なんばん漆喰が施工してあるため、この時点でも瓦は固定されます。

ただ、さらに耐風性を高めるため、この上からビスを打ち込み下地と瓦をより強く緊結させるのが防災棟です。

高槻市 屋根修理step8「瓦をビス固定」

防災棟瓦取付
瓦の真上から内部の芯材に向かって、パッキン付きのステンレスビスをインパクトドライバーで打ち込みます。

パッキン付きビスは、ビス頭付近ゴムが付いており、強く押し付けることでゴムがつぶれてビス穴を塞いでくれる仕様です。そのため、ビス穴からの雨水浸入を防いでくれます。

高槻市 屋根修理step9「修理完了」

屋根の修理施工、完了
屋根修理が完了です。崩れていた屋根は無事、プロの施工で復旧しました。さらに、以前よりも耐風性・防水性・強度にすぐれた、災害に強い屋根仕様です。

「瓦屋根は災害に弱い」と思われている方も多いかもしれませんが、適切なメンテナンスと災害に備えた施工方法で、より長く丈夫な屋根を保つことができます。

200302_maxreform_LP_fmt_14
台風で崩れた屋根
台風通過後の屋根には強風で飛散した瓦が散乱しています。
建物内部への雨漏りの可能性もありました。
200302_maxreform_LP_fmt_24
200302_maxreform_LP_fmt_16
修理後の屋根
復旧後の屋根は防災棟で災害に備えた使用に生まれ変わりました。

「修理のついでに屋根を防災仕様に変えたい」

このようなご相談も年々増えています。防災リフォームに関することも弊社におまかせください!


高槻市で屋根修理なら「屋根工事専門 マックスリフォーム」

宮崎徹
高槻市で屋根修理のことなら私たちにすべておまかせください!

屋根修理を検討するきっかけは様々ですが、弊社へのお問い合わせて多いのが「雨漏り」や「強風による屋根被害」です。

弊社では、お問い合わせいただいてから必ず無料で現地調査をいたします。

その理由は、トラブルを再発させることのない最適で確実な修理方法を導き出すため。

「雨水が入り込んでいるのであれば、とにかく隙間を塞げばいい」

このようなその場しのぎの修理では、残念ながらトラブルの根本的解決とはなりません。

トラブルを解決するのはもちろん、トラブルが起こりにくいよう施工することで、その後のメンテナンス費用をも抑えることが可能です。

高槻市まで無料で駆けつけます!

弊社は吹田市・江坂駅前を拠点とした屋根修理業者です。高槻市へは最短約30分で駆けつけます!

「相談」「現地調査」「ご提案」「お見積もり」まですべて無料です。もちろん、おみつもりまででも構いません。

被害を拡大させないためにも、屋根トラブルは早目の対処が望まれます。

屋根に関することなら、わたしたちマックスリフォームにいつでもお気軽にご相談下さい!

無料と言えども徹底的な原因調査で、最適な修理施工をご提案させていただきます。

 関連動画 
「屋根工事の良い会社、悪い会社を見抜く方法をお伝えします!【大阪屋根工事チャンネル】」はこちら

高槻市のその他関連ページ

マックスリフォームチャンネル【youtube】