摂津市 屋根工事 プロの施工で屋根を復旧させる【施工事例】

※2021年6月1日 記事公開

こんにちは!屋根工事専門 マックスリフォームです。

摂津市で屋根工事をお考えですか?

今回は弊社が摂津市でおこなった屋根工事の施工事例のご紹介です。

雨漏りがきっかけとなった今回の屋根工事。プロの施工で雨漏り解決はもちろん、災害に強い屋根へ生まれ変わります。
弊社の屋根職人たちによる、丁寧で確実な施工をじっくりお確かめください!

 関連ページ 

 関連動画 


「大阪の雨漏り修理相場を教えて【大阪屋根工事屋チャンネル】」はこちら

摂津市 屋根工事の施工事例【ビフォーアフター】

まずは、弊社が摂津市でおこなった屋根工事のビフォーアフターからご覧ください。
地域
摂津市
築年数
約30年
きっかけ
雨漏り
200302_maxreform_LP_fmt_14
崩れた屋根
屋根の崩れによって、雨水が室内に入り込み「雨漏り」を引き起こしていました。

崩れた屋根瓦の下からは下地材の土が露出しています。

また、全体的な屋根瓦のズレ、歪みも顕著です。

200302_maxreform_LP_fmt_24
200302_maxreform_LP_fmt_16
工事後の屋根
耐震性に不安が残る重い屋根から最新の金属屋根へ生まれ変わりました。

お悩みであった雨漏りの解決はもちろんのこと、屋根の軽量化によって地震時の揺れが軽減され、災害に強い屋根に仕上がっています。

摂津市 屋根工事 プロの施工で屋根を復旧させる【施工事例】

それでは、摂津市でおこなった屋根工事の施工工程をご紹介します。

摂津市 屋根工事step1「施工前」

雨漏り
今回、屋根工事のきっかけとなったのは室内で生じた雨漏りです。雨水浸入によって天井板には大きなシミができ、雨水が大量に漏れ出しています。(上写真)

雨漏りは建物内部へ雨水が入り込むことで、天井や壁から雨水が浸み出てくるトラブルです。

雨漏りは放置し続けると、建物内部の建材を腐らせ傷ませたり、カビの繁殖により健康被害をも引き起こしたりと、二次被害へ発展します。

建物の寿命を縮めてしまわないためにも、雨漏りには早目の対処が必要です。

摂津市 屋根工事step2「足場の設置」

足場架け工事
まずは、屋根工事に不可欠な「足場の架設」からです。安全でスムーズな施工のためには足場が欠かせません。通常、足場は丸一日かけて設置されます。

「何も考えずにただパイプを組み立てる」のならば、一日もかかりません。しかし、足場に求められるのは高い安全性です。

そのため、足場設置は足場専門の職人がおこないます。足場は、専門の国家資格を保持していなければ組み立てることができないからです。

丈夫で安全性の高い足場を設置することで、施工に関わる人の命を守るだけではなく、スムーズに施工を進行させられるので、結果、工期の短縮にもつながります。

丁寧で確実な屋根工事に欠かせないのが足場です。

摂津市 屋根工事step3「既存瓦の解体、撤去」

既存瓦撤去
既存屋根を解体、撤去します。屋根職人が重くて分厚い屋根瓦を一枚一枚手作業でめくり撤去します。この作業のことを「捲り(めくり)」とよびます。

捲りは、屋根工事の中でももっとも手間と時間を要する作業です。瓦を捲ると下から黄土色の土が出てきました。

摂津市 屋根工事step4「葺き土(ふきど)、傷んだ下地材の撤去」

既存瓦撤去
こちらの屋根は「土葺き工法」によって葺(ふ)かれています。土葺きの屋根は、屋根材である瓦を固定するために大量の「葺き土(ふきど)」が敷かれています。

上写真の葺き土はサラサラと砂状になっているように見えますね。しかし、本来の葺き土は粘着質です。この粘着性により瓦を固定させています。さらに、「屋根を雨水から守る」という役割ももつのが葺き土です。

しかし、葺き土は経年によって脆くなります。

「粘土質の葺き土⇒雨水で濡れる、乾くを繰り返す⇒脆弱化によりサラサラになる⇒瓦がズレる⇒隙間ができる⇒雨水浸入、瓦飛散や落下に発展

脆くなった大量の葺き土も瓦とともに撤去します。刷毛と塵取りを使い、大量の葺き土を職人が手作業で土嚢袋に詰めます。

葺き土を撤去すると、屋根の下地が見えてきました。傷んで朽ちた木材やフェルトは葺き土と共に撤去します。

摂津市 屋根工事step5「胴縁(どうぶち)の設置」

下地処理
既存下地に「胴縁(どうぶち)」という木材を設置します。胴縁を施工することで、たわんだ屋根面を調整します。

長い年月、重い屋根瓦と大量の葺き土が載っていた屋根面は、少なからずたわみや歪み、傷みなどが生じています(屋根の重みで下がっている)。それらを調整するのが胴縁施工です。

また、胴縁を入れることで、既存下地と新しい屋根面との間に「通気層」を設けられます。この通気層を設けることで、既存下地からの湿気による影響を受けにくくし、屋根に不具合を生じにくくさせます。

摂津市 屋根工事step6「野地板(のじいいた)の設置」

構造用合板12ミリを野地板として施工中
屋根の土台となる野地板(のじいいた)を施工します。野地板として使用するのは構造用合板12mmです。

構造用合板12mmは耐久性、耐風性、防音性などが求められる箇所に使用される頑丈な建材です。

築40年以上の建物では構造用合板12mmではなく、「バラ板」とよばれるバラバラの板が設置されていることが多いです。バラ板は通気性を確保するために用いられていましたが、現在ではほとんど採用されていません。

理由は、この後、敷設するルーフィングシートにあります。ルーフィングの機能が以前よりも格段に向上したことで、湿気による傷みを以前よりも考慮する必要がなくなったからです。

そのため、現在ではバラ板を使わずより耐久性・耐風性にすぐれる構造用合板12mmが主に用いられるようになりました。

構造用合板12mmは、内部の下地材(垂木)に向かって金具を打ち込み固定します。

摂津市 屋根工事step7「樋受金物の設置」

軒先雨樋金物取付の野地板切込み
屋根軒先に雨樋(あまどい)を適切に設置するための準備です。軒樋(のきどい・軒先専用の雨樋部材)の出幅を調整するため、野地板を切込み加工します。

※出幅(ではば)…屋根より前に出ている部分の幅のこと
雨樋金物取付
出幅を調整した野地板に、雨樋を設置するための「樋受金物」を取り付けます。

雨樋は屋根に溜まった雨水を集めて排水させる住宅設備です。そのため、適切な角度と位置に取り付けなければスムーズに排水できません。

少しでも角度や位置に不具合があると、雨水が上手く排水されずに建物に水がかかり、外壁の傷みや雨漏りの原因にもなりえます。

摂津市 屋根工事step8「ルーフィング敷設(ふせつ)」

改質アスファルトルーフィング
ルーフィング(防水シート)を敷設します。ルーフィングは「二次防水」とも呼ばれる超重要な建材です。

屋根材にちょっとした剥がれや割れが生じたとしても、ルーフィングが健全に施工されていれば雨漏りすることはありません。

屋根全体に覆いかぶさるようにして雨水から守ってくれているのがルーフィングです。そのため、屋根材はもちろん、ルーフィングは特にこだわるべき建材といえます。今回、使用するのは耐久性・防水性にすぐれた「改質アスファルトルーフィング」です。

屋根の下部から上部に向かってルーフィングを敷き込みます。少しでも雨水が入り込みにくくなるように、雨水の流れとは逆から敷設します。

そして、屋根の中でも特に雨水浸入リスクの高い屋根頂点部分は、ルーフィングを覆い被せるように重ねて施工します。

摂津市 屋根工事step9「水切り板金を設置」

屋根先に水切り板金を施工中
屋根の端部分に「水切り」と呼ばれる板金をビスで固定します。水切り板金は吹き込みによる雨水浸入を防ぐために必要な部材です。

水切り板金は、雨水が屋根内部に入り込みにくいよう特殊な形状をしています。防水するというよりは「雨水を上手く切る(逃がす)」ような目的で設置されるのが水切り板金です。

屋根形状に合わせて職人がその場で加工しピッタリに施工していきます。
屋根先に水切り板金を施工中
「硬くて分厚い板金を思った通りにカットし施工」

高い技術と豊富な経験がなければなしえません。さらに、雨水がより入り込みにくいよう水の流れを考慮しつつ施工を進めています。

職人の高い技術力と手寧な施工が、弊社の「雨漏りしにくく強風に負けない丈夫な屋根」を実現しています。

摂津市 屋根工事step10「屋根材を配置」

立平を屋根面に配置
いよいよ、新しい屋根材「ガルバリウム鋼板」の施工です。今回は、「立平(たてひら)」という形状の屋根材を葺きます。

立平とは板金のことで、立平葺きとは「板金だけで葺かれた屋根」のことです。屋根端に1枚目の立平を設置したら、横に向かって順番に立平をかみ合わせていきます。

排水性に優れる立平屋根
「金属屋根=錆びやすくて強風に弱い」

このようなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、ガルバリウム鋼板は従来のトタンに比べて耐用年数が約2倍。さらに、錆びに強いという特徴をもつ進化した金属屋根材です。

 ガルバリウム鋼板のメリット 
・非常に軽量のため耐震性にすぐれる

・錆びにくく長持ち

・メンテナンス費用を抑えられる

・デザインが豊富

 ガルバリウム鋼板のデメリット 
・金属屋根のため遮熱性や遮音性が劣る⇒断熱材入りの建材を採用することで軽減可能

・軽量のため耐風性に不安が残る⇒適切に施工することで耐風性・耐久性にすぐれた屋根に施工可能、実績のある業者を探す必要あり

摂津市 屋根工事step11「屋根材の施工」

立平をビス固定中
「立平を嚙み合わせる⇒上から次の立平を配置、ビス打ち⇒立平を嚙み合わせる⇒上から次の立平を配置、ビス打ち」

このような流れで、軽い屋根材でも耐風性を保持しながら施工することができます。また、重ね合わせながら施工するため、ビス頭は隠れます。雨水浸入リスクも低く施工することが可能です。

しかも、立平同士はガッチリと噛み合わさると、そう簡単には外れません。

ガルバリウム鋼板は非常に軽い屋根材で耐震性に優れます。軽量だからこそ、既存下地に屋根材を強く緊結させるための技術と配慮が欠かせないのです。

立平屋根
 立平葺きのメリット 
・軒先から棟までが一枚の板金で継ぎ目がない⇒排水性にすぐれる(雨漏りに強い)、経年による雨漏りリスクも低い

・施工コストが抑えられる

・軽量のため耐震性にすぐれる

・傾斜の緩い屋根にも施工が可能な場合が多い

 立平葺きのデメリット 
・遮音性、遮熱性に不安が残る

・デザインの幅が少ない(同じような見た目になりがち)

摂津市 屋根工事step12「壁際の雨仕舞(あまじまい)」

壁際雨仕舞
壁際と屋根の境目は雨水浸入のリスクが高い場所の一つです。

特に、このような箇所を「取り合い」とよびます。取り合いは、違う部材同士が合わさる箇所です。そのため、雨水が入り込みやすく、特に入念な雨仕舞(あまじまい)が必要です。

「雨水をしかるべき場所にスムーズに受け流すための施工」を雨仕舞といいます。

上写真では、外壁と下屋根の取り合い部分にシーリング材を施工しています。雨水の入口となる隙間ができないようシーリング材を充填し、わずかな雨水浸入も許しません。

壁際雨仕舞
水切り板金と外壁の隙間に、シーリング材が適切に施工されました。適切な屋根工事は、雨水の流れを理解していないければなしえません。

雨漏りしにくい屋根に仕上げるには、雨水を浸入させないことはもちろん、「雨水をうまく受け流すための施工」をする必要があります。

摂津市 屋根工事step13「軒先キャップを設置」

軒先キャップ
屋根の先端に樹脂製のキャップを取り付けます。このキャップは屋根先からの雨水を防ぐために設置します。「サンバナ」ともよばれます。

軒先キャップは、雨水の浸入を防ぎ水切れをよくすることで、屋根先の腐食を予防する効果もあります。

水切れを良くするための複雑な形状をしているキャップです。このような細かな部材ひとつひとつにも「雨水を寄せ付けない」ための工夫が詰まっています。

摂津市 屋根工事step14「完了」

屋根工事、完了
全体的に経年劣化が進んでいた屋根は、軽くて地震に強いガルバリウム鋼板の屋根に生まれ変わりました!もちろん、雨漏りも解決です。

今後も長くサポートさせていただきますので、何かお困り事がございましたらいつでもご相談ください
200302_maxreform_LP_fmt_14
雨漏り中の瓦屋根
屋根工事前は屋根の崩れによって雨漏りを起こしていました。

また、土葺きの屋根は雨漏り以外にも耐震性への不安を抱えています。

200302_maxreform_LP_fmt_24
200302_maxreform_LP_fmt_16
復旧した屋根
重い瓦と葺き土をすべて撤去し、軽くて長持ち、雨漏りにも強い立平屋根に生まれ変わりました。

工事が終わってからがお客様との長いお付き合いのスタートです。

定期的に無料点検に伺います!

摂津市で屋根工事ならマックスリフォームにおまかせください!

杉本匡志
摂津市で屋根工事の事なら私どもにおまかせください。

屋根はお客様ご自身からはなかなか見えない場所です。だからこそ、「信頼できる業者に依頼したい」とお考えではなでいしょうか。

「見えないからこそ手抜きされないか心配」

「トラブルが再発したりしないだろうか」

「不要な工事を押し付けられているのでは?」

このようなご不安を少しでも解消するため、弊社ではいつでも無料で「屋根点検」を承っております。

相談、調査、ご提案、お見積もりまで無料!

マックスリフォーム 宮崎徹
弊社では、いつでも無料で摂津市まで駆けつけプロが徹底的に屋根調査をさせていただきます。

屋根工事をご検討される場合、やはり多いのが「雨漏り」や「屋根の破損」などの何かしらのトラブルです。

弊社では、屋根に起きたトラブル原因を無料とはいえ徹底的に調査します。そして、現状を正確に把握した上で、プロが最適な対処方法をわかりやすくご提案いたします。

調査のご報告の際には、調査時に記録した実際のお写真、動画をお見せしつつ、「わかりやすく・丁寧に・正確に」現状をご説明いたします。

分からないことがございましたら私どもに何でもおききくださいね!お客様のライフプランやご予算、その他ご希望にそった方法をご提案させていただきます。

屋根工事が終わってからが長いお付き合いのスタートです

屋根修理中
「見た目は綺麗に仕上がった。でも、実際に住んでみないとまだ安心はできないな…。」

屋根工事が完了しても、実際に長く住んでみなければ本当のご満足には至りません。

工事が終わって1年、3年、5年、10年…と安心して過ごせて、初めて「あの業者に依頼してよかったかな」と感じていただけるのではないでしょうか。

そのため、弊社では屋根工事後も長くサポートさせていただきます。施工後も、ご不安事やトラブル等がございましたらいつでも摂津市へ無料で駆けつけます。

屋根のことでお困りなら、屋根工事専門の弊社へお気軽にご相談くださいね!

摂津市のその他関連ブログ

摂津市周辺の関連ブログ