吹田市 金属屋根の施工 瓦撤去から施工完了までを大公開!

※2021年9月29日 記事公開

こんにちは!屋根工事専門 マックスリフォームです。

今回ご紹介するのは、弊社が吹田市でおこなった金属屋根への葺き替え(ふきかえ)工事です。

昔ながらの土葺き瓦屋根を、軽くて錆びにくい金属「ガルバリウム鋼板」の屋根に張り替えます。弊社の板金職人による、丁寧で細やかな施工をぜひ、ご覧ください!

吹田市 金属屋根の施工【ビフォーアフター】

まずは、弊社が吹田市でおまかせいただいた屋根葺き替え工事のビフォーアフターからご覧ください。
200302_maxreform_LP_fmt_14
IMG_9941
施工前の瓦屋根です。

強風の影響で瓦が飛散し、棟内部が剥き出しになっています。
200302_maxreform_LP_fmt_24
200302_maxreform_LP_fmt_16
金属屋根に葺き替え完了
昔ながらの重い土葺き屋根から、軽くて耐震性にすぐれる金属屋根「スーパーガルテクト」に葺き替え完了です!

これまでの屋根に比べ、重さはなんと約1/10にまで減らすことができました。
スーパーガルテクト
「でも、金属屋根って夏は暑いし、冬は寒いって聞く。雨音もうるさいんでしょ?」

このようなお声も聞こえてきそうですが、今回使用したのは進化した金属屋根材「スーパーガルテクト」です。

そのため、従来の金属屋根とはひと味もふた味も異なります。一体、どのような方法で金属屋根のデメリットをカバーしたのでしょうか?

くわしくみていきましょう!

吹田市 金属屋根の施工 瓦撤去から施工完了までを大公開!

それでは、弊社が吹田市でおこなった金属屋根への葺き替え工事をご覧ください。

吹田市 金属屋根の施工step1「改めてご挨拶」

屋根工事前のご挨拶
屋根工事の当日です。まずは、改めてお客様へご挨拶を差し上げます。

そして、施工の大まかな流れを再度お伝えいたします。分からないことや、ご不安なことがございましたらいつでも私たちにお聞きくださいね!

 関連動画 

吹田市 金属屋根の施工step2「既存瓦を解体、撤去」

既存瓦撤去
いよいよ金属屋根への葺き替え工事スタートです。

最初の工程は「既存瓦の解体と撤去」。もっとも時間と手間を要する工程です。

職人が一枚一枚手作業で瓦をめくります。すると、中から茶色の砂が沢山出てきました。

これは「葺き土(ふきど)」とよばれる建材です。土葺きの屋根は葺き土の粘着性によって瓦を固定しています。

しかし、経年劣化により葺き土は本来の粘着力を失い、サラサラの砂に変わっていました。これでは、重く分厚い屋根瓦をしっかりと留められません。

瓦はもちろん、脆弱化した葺き土はもすべて撤去します。

吹田市 金属屋根の施工step3「下地の調整」

構造用合板12ミリ
瓦と葺き土が無くなると、屋根の土台である下地が剥き出しになります。

とはいえ、ここから新しい金属屋根をいきなり施工するわけにはいきません。

長年、重い屋根瓦と大量の葺き土がのっていた屋根下地です。「たわみ」「歪み」「傷み」などの不具合が生じています。

そのため、金属屋根を施工する前に、屋根の土台である下地を調整する必要があるのです。

雨水をスムーズに排水させるためには屋根面をフラットにする必要があります。胴縁(どうぶち)や構造用合板とよばれる木材を使用し、下地の不陸を調整していきます。

吹田市 金属屋根の施工step4「ルーフィングの敷設」

改質アスファルトルーフィング
フラットに整った下地面に敷設するのが「ルーフィング(防水シート)」です。

ロール状のルーフィングを、軒先から棟に向かって順に設置します。そして、棟はルーフィングを覆い被せるようにして重ねます。

棟にルーフィングを被せる理由は、棟が雨水浸入リスクの高い場所だからです。棟は屋根面同士が合わさる場所のため、内部に隙間が存在します。

そのため、ルーフィングを覆い被せるように施工することで、棟からの雨水浸入リスクを減らすことができます。

吹田市 金属屋根の施工step5「唐草(からくさ)の取付け」

軒先唐草板金
軒先には「唐草(からくさ)」とよばれる部材を取り付けます。

唐草は屋根先からの吹き込みによる雨水浸入を防いでくれる部材です。また、雨水を入り込ませないだけではなく、「雨水を積極的に誘導しスムーズに排水させる」という役割ももちます。

屋根に降り注いだ大量の雨水は、屋根の傾斜に沿って軒先に集中します。唐草があることで、屋根先に集結した大量の雨水をスムーズに雨樋へと落とし込むことができるということです。

吹田市 金属屋根の施工step6「屋根材を搬入」

金属屋根ガルバリウム鋼板シェイドブルー
今回、新しい屋根材として採用するのは金属屋根(ガルバリウム鋼板)です。

そして、ガルバリウム鋼板でもより耐久性にすぐれるのが、アイジー工業の主力商品「スーパーガルテクト」になります。

※アイジー工業とは?…アイジー工業は創業50年を超える金属屋根・金属サイディング(外壁材)のトップシェアメーカー

 関連動画 
金属屋根ガルバリウム鋼板シェイドブルー
スーパーガルテクトは「進化した金属屋根(ガルバリウム鋼板)」ともよばれる屋根材です。

 スーパーガルテクトの特徴 
金属屋根なのに錆びにくい⇒従来のガルバリウム鋼板にマグネシウムを2%添加したことで、さらに防錆性が向上

超軽量で耐震性にすぐれる屋根材⇒スーパーガルテクトは1㎡あたり約19kgで、土葺きの瓦屋根に比べて約1/10の重さ

金属屋根なのに遮熱性と断熱性をもつ⇒断熱材と鋼板が一体化しているため、夏は涼しく・冬は暖かく過ごせる

吹田市 金属屋根の施工step7「ケラバ板金の取付け」

ケラバ板金
先ほど、屋根の軒先に唐草とよばれる部材を取り付けましたね。次は、軒先に隣接する屋根端であるケラバ部にケラバ板金とよばれる部材を取り付けます。

ケラバ板金も唐草と同じく、雨水をスムーズに排水させてくれる部材で特殊な形状をしています。
ケラバ板金
ケラバ板金を屋根端にビスで固定しました。

もちろん、このような細かな部材もすべてスーパーガルテクトです。スーパーガルテクトの表面には、太陽が含む赤外線を跳ね返す塗料が施されています。

そのため、金属屋根でありながら遮熱性にすぐれ、日射による熱の吸収を防ぎ、建物内部へ伝わる熱を小さくしてくれます。

吹田市 金属屋根の施工step8「屋根面の施工」

金属屋根ガルバリウム鋼板
いよいよ屋根面にスーパーガルテクトを施工していきます。既存の屋根に合わせ、板金職人が手際よく屋根材をその場で加工していきます。

一見すると簡単そうに見える作業ですが、分厚く硬い板金材を思った通りにカットし折り曲げ加工するのは容易ではありません。

特に、金属屋根の場合は軽量なため、屋根の耐風性を確保するためにも確実に屋根材を納める必要があります。
金属屋根ビス固定
屋根材を棟まで葺き上げました。

優れた屋根材の機能を最大限に発揮させるためには、現場の職人による丁寧で確実な施工が不可欠です。

特に、金属屋根の場合、強風に負けない屋根に仕上げるためにも、板金職人の技術力が欠かせません。

吹田市 金属屋根の施工step9「棟板金の設置」

棟板金ビス固定
屋根材を棟まで葺き上げたら、仕上げの棟板金を施工します。

下地材である貫板(ぬきいた)をビスで固定し、上から被せるように棟板金を配置します。

そして、棟板金のサイドから内部の貫板に向かって、確実にビスを効かせていきます。棟板金の内部に設置した下地材の厚みは約9mm~15mmです。

棟は強風の影響を受けやすく、「強風時の板金飛散・めくれ」が発生しやすい場所でもあります。

棟板金の耐風性を確保するためには、打ち込むビス位置と角度が重要です。職人が1本1本確実にビスを打ち込んでいきます。


吹田市 金属屋根の施工step10「完成」

金属屋根完成
スーパーガルテクトで葺き上げた新しい金属屋根の完成です!

スーパーガルテクトの金属屋根は、表面がマットな質感で「金属なのに金属っぽくない」のも特徴のひとつ。

そして、なんといっても排水性にすぐれ雨漏りに強いのが金属屋根の最大の魅力ですね。

とはいえ、金属屋根を健全に保つにはプロによる定期的なメンテナンスが大切です。

施工後もお困り事やお悩みがございましたらいつでも無料で駆けつけます!

吹田市で金属屋根の施工・修理・メンテナンス・点検は、マックスリフォームにおまかせください。


吹田市で金属屋根のことなら私たちにおまかせください!

宮崎徹
吹田市で金属屋根に関することなら、わたしたちマックスリフォームにご相談ください!

金属屋根を知り尽くしたプロがいつでも無料で駆けつけ、「相談」「現地調査」「ご提案」「お見積もり」いたします。

金属屋根の施工には職人の高い技術力が必要です

金属屋根の施工中
金属屋根の特徴のひとつが「屋根材の中でもっとも軽い」ということです。

軽い屋根材は建物の重心を低くするため、重い屋根に比べて耐震性にすぐれます。

しかし、ここで気を付けたいのが、金属屋根を適切に施工するには「高い技術力をもつ板金職人が欠かせない」ということ。

金属屋根は軽いからこそ、確実な施工で屋根に納めなくてはなりません。ここで必要となるのが高い板金加工技術です。

弊社の板金職人は既存の屋根に合わせ、その都度臨機応変に施工いたします。

「できるだけ雨漏りしにくく長持ちする金属屋根にリフォームしたい」

「災害に負けない長持ちする金属屋根への張替えを検討している」

このような場合、どうかお気軽に私たちにご相談くださいね!もちろん、お見積もりまででもokです。

吹田市のその他関連ブログ