箕面市 屋根工事 プロの施工で傷んだ屋根を復活させます!

※2021年9月9日 記事更新

こんにちは!屋根工事専門 マックスリフォームです。

「箕面市で信頼できる屋根工事業者を探している」

今回は、このような方のために弊社が箕面市でおこなった屋根工事事例を大公開します!

屋根のプロフェッショナルによる丁寧で確実な施工をじっくりとお確かめください。

 関連ページ 
「お住まいに関するお悩みならお気軽にご相談ください【無料相談】」はこちら

 関連動画 
「大阪の屋根工事の価格相場について【大阪屋根工事屋チャンネル】」はこちら 

箕面市 屋根工事【ビフォーアフター】

それでは、弊社が箕面市でおこなった屋根工事のビフォーアフターからご覧ください。
200302_maxreform_LP_fmt_14
崩れた棟の調査中
台風による強風で、屋根の瓦が崩れています。

棟の歪み、屋根材の崩れは雨漏りへ直結します。

200302_maxreform_LP_fmt_24
200302_maxreform_LP_fmt_16
屋根工事によって復旧した棟
屋根のスペシャリスト達による屋根工事で、崩れていた屋根が復活です!

さらに、元々の棟に比べて「防水性」「耐風性」「耐久性」を向上させることができました。

箕面市 屋根工事で防水性・耐久性にすぐれた強いお住まいに!

地域
箕面市
築年数
約30年
屋根
土葺き工法による瓦屋根
屋根トラブル
台風による屋根被害(瓦落下、崩れ)
次に、弊社が箕面市でおこなった屋根工事の施工工程をくわしくご紹介します。

箕面市 屋根工事step1「無料おすまい調査」

弊社では、屋根工事の前に必ず無料おすまいを調査を実施いたします。

その理由は、「その場しのぎの中途半端な施工・修理はトラブルの再発をまねくから」。

お客様の貴重なお時間を無駄にしないためにも、徹底的な原因調査で最適な施工方法を導き出します!

箕面市屋根現状
さっそく、お問い合わせのあった屋根を調査させていただきましょう。お客様にご挨拶をし、屋根に上がらせていただきました。

すると、瓦屋根の頂点にあたる棟(むね)の屋根材が強風によって崩れています。

屋根材の下からは黄土色の「葺き土(ふきど・ふきつち)」が見えていました。葺き土は屋根の下地です。

屋根下地が雨ざらしでは、雨漏りに発展するのも時間の問題と言えます。
屋根瓦の飛散
台風により瓦が飛んでしまったとのことですが、現在は空き家とのこと。そのため、被害に気が付くまで少し時間がかかってしまったようです。

いぶし瓦で葺かれた屋根で、伝統の「土葺き(つちぶき・どぶき)工法」で施工されていました。

瓦の下に土を敷き詰めた屋根のため、築30年という長い年月で棟の下地の土が少しづつ崩れたのでしょう。

屋根下地の経年劣化が今回の屋根崩れにつながったと考えられます。
落ちて割れた屋根瓦
屋根崩れによって割れた瓦は、屋根から落ちて道路に散乱していました。

破損した瓦の断面は鋭利です。万が一、通行人に当たれば大変なことになります。大きな被害が無くて不幸中の幸いでした。
崩れた屋根にかけられたブルーシート
屋根が崩れたままでは雨漏りしてしまうため、ブルーシートで応急処置をさせていただきます。

これで、しばらくは雨水浸入を防げるでしょう。
土葺き(つちぶき・どぶき)工法とは、土の重量を利用し瓦を葺く屋根工事方法です。

土葺きで使用される土は「葺き土(ふきど・ふきつち)」「床土(とこつち)」とよばれます。
土葺き工法の説明
昭和初期までは土葺き工法が主流でした。特に、土葺き工法による瓦屋根は近畿地方で多く見られます。

しかし、2021年現在、耐震性への悪影響から瓦屋根の土葺き工法は殆どおこなわれていません。

箕面市 屋根工事step2「調査結果」

無料おすまい調査が完了しました。
無料おすまい調査中
調査時に記録した写真や動画をもとに、お客様へ丁寧に現状をお伝えします。

現状、ご提案内容ともに十分ご納得いただけましたら、施工をおまかせいただきます。
・強風による棟の崩れ⇒雨漏りに発展する

・屋根の下地劣化により棟が崩れやすくなっている

・瓦は固定力が低下しているため新たな飛散・落下の可能性が否めない
・崩れた棟の積み替え工事

棟は全体的に被害が出ていたため、棟を積み替える過程で下地材を強固なものに変更する屋根工事をご提案させていただきました。

 関連動画 
「屋根工事の良い会社、悪い会社を見抜く方法をお伝えします!【大阪屋根工事チャンネル】」はこちら

箕面市 屋根工事step3「崩れた屋根材、葺き土の撤去」

お客様に、「現状」と「修理内容」について十分にご理解ご納得いただけましたら修理開始となります。
棟の撤去作業中
今回おこなう屋根工事「棟積み替え」の最初の工程は、崩れた棟の撤去です。

棟瓦を一枚づつ捲り、下から出てくる葺き土を撤去して清掃します。

屋根工事は高所作業です。

作業員の落下や、発生した瓦のゴミ、土などが転がり落ちる危険性があるため、屋根上に踏板を這わせ、簡易的な足場を架設します。

瓦と踏板の間に土嚢袋(布の袋)を丸めて挟み込むことで土留めとして機能し、安全に屋根工事を進められます。

箕面市 屋根工事step4「おいあての調整」

瓦の棟を一度撤去します。
棟瓦、葺き土の撤去清掃が完了いたしました。棟は屋根面が交わる部位にすべて存在し、平場の瓦の隙間を守る役割があります。

新築時の時代にもよりますが、瓦の隙間が大きすぎる場合は雨水浸入のリスクが高いです。大きく空いた棟の隙間は、雨水浸入につながります。
おいあて調整した棟
そのため、新しい瓦を使って、可能な限りぎりぎりまで棟の隙間を少なく瓦を加工しなければなりません。

上写真は新しい瓦を使用し、大きく空いた棟の隙間を可能な限り狭く施工したところです。

棟の隙間を少なくするこの作業のことを【おいあての調整】と呼びます。

おいあての調整は、棟工事で一番重要と言っても過言ではありません。もちろん、棟の隙間はお客様からはまったく見えない部分です。

しかし、お客様から見えない部分だからこそより丁寧に施工することで、見栄えだけではなく屋根機能を高め、お住まいを長持ちさせることにつながります!

箕面市 屋根工事step5「なんばん漆喰(しっくい)の施工」

下り棟になんばん漆喰を施工中
新設する棟は土台として【なんばん漆喰(しっくい)】という土材を使います。昔のような葺き土は水に対してはあまり強くはありません。

なんばん漆喰は材料自体に撥水(はっすい)性があり、固まるとセメントのようになって強度が上がります。
なんばん漆喰は通常の漆喰に、「シリコン」や「防水材」を混ぜ込んだ建材です。
なんばん漆喰を屋根に施工中
そのため、なんばん漆喰は昔ながらの「葺き土」に比べ、防水性や耐久性にすぐれます。

下地に葺き土ではなくなんばん漆喰を採用することで、屋根の土台全体が強固になり今までの棟より丈夫になるのです。

箕面市 屋根工事step6「熨斗(のし)瓦を積む」

のし瓦を調整しながら復旧します。
下地の施工が済んだら、熨斗瓦を積みます。以前の棟より段数を減らして風の影響も少なくします。

いぶし瓦は扱いが繊細です。作業の際素手で触ると手の油分が付着し、後々、黒く変色が発生して美観を損ねます。

そのため、いぶし瓦を施工する際は必ず手袋を着用して取り扱わなければいけません。
のし瓦を積んでいきます。
なんばん漆喰が乾く前に一枚一枚熨斗瓦を押し当て、高さ・角度を調節します。そのため、屋根工事の中でも手間がかなりかかります。

箕面市 屋根工事step7「冠瓦(かんむりがわら)を施工」

銅線で固定された冠瓦
熨斗瓦積みが完了したら、最後に冠瓦(かんむりがわら)を設置します。冠瓦は熨斗瓦に挟み込んだ銅線で固定しています。
熨斗瓦に挟んだ銅線
頼りなく見える銅線ですが、熨斗瓦となんばん漆喰の間にしっかり固定されているため、引っ張っても殆ど動かない程に固定されています。

冠瓦が飛散するのを防ぐために施工されているのが銅線です。

箕面市 屋根工事step8「コーキング打ち」

鬼瓦にコーキング施工中
防水性向上のため、鬼瓦まわりにコーキングを施工します。

通常、鬼瓦と棟の境目は、漆喰を塗って防水するのですが、それだけだとすぐに縁が切れ雨水が浸入する原因となります。

そのため、私たちは防水のためのコーキング材を打ってから、さらに漆喰で巻くように施工しています。

お客様から見えない部分まで丁寧・確実に施工することが、災害に負けない強い屋根を仕上げるために欠かせません。

箕面市 屋根工事step9「完成」

棟積み替え工事完成
棟積み替えの完成です。真っすぐな棟が完成いたしました。屋根工事の中でも手間のかかる工事ですがきれいに葺きあがっています。

施工後の棟は通りも一直線で真っすぐに整っていますね。

「とてもきれいに仕上がった」とお客様にも大変喜んでいただきました!

見た目はもちろん、見えない部分まで屋根のプロが丁寧に施工していますので、雨漏りしにくく、壊れにくい「災害にも負けない強い屋根」に仕上がっています!
改めてビフォーアフターを見てみましょう。
200302_maxreform_LP_fmt_14
IMG_7578
下地の土が劣化し、瓦が不安定な状態です。

飛散を免れた瓦もいつ落下するか分かりませんでした。
200302_maxreform_LP_fmt_24
200302_maxreform_LP_fmt_16
IMG_9552
プロの施工で真っすぐ整った棟です。
また、棟の下地を葺き土からなんばん漆喰に変えたことにより、耐久性も向上しています。

雨漏りしにくく強風に負けない丈夫な棟に生まれ変わりました!

箕面市で屋根工事なら屋根のプロフェッショナル集団「マックスリフォーム」!

マックスリフォーム 松本和也
箕面市で屋根工事のことなら私どもにおまかせください!

屋根工事といっても、今回のような「台風被害にあった瓦屋根」「経年劣化した屋根」「雨漏り対策」など、状況によってさまざまな方法が考えられます。

豊富な経験や専門知識をもつ屋根のプロでなければ、最適な解決策を導き出せません。

屋根専門 マックスリフォームでは、

「原因がわからない」

「解決方法がわからない」

「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった屋根工事前のご不安を解消するために、プロによる 無料点検を随時受付けております。

お見積りまででもok

調査後は、親切・丁寧にご説明し、「工事・修理がどの程度必要か」「どんな解決策・選択肢があるのか」などを、ライフプランやご希望に沿ってお伝えいたします。

すぐに屋根工事とは考えていなくても、「お住まいの劣化状況を知っておきたい」というお客様も多くいらっしゃいます。

もちろん、お見積りまででも構いません!

まずはお気軽にお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいね。

 関連ページ 
「お住まいに関するお悩みならお気軽にご相談ください【無料相談】」はこちら

 関連ブログ 
「吹田市 屋根工事で災害に負けない強い屋根へ復活させます!」はこちら

「吹田市 屋根修理 ちょっとしたトラブルも屋根のプロが解決!」はこちら

「吹田市 屋根葺き替え工事をご依頼いただきました」はこちら

箕面市のその他関連記事