吹田市 雨漏り応急処置!適切な方法で屋根からの雨水を防ぎます

※2021年7月28日 記事公開

こんにちは!屋根工事専門 マックスリフォームです。

吹田市で雨漏り応急処置が可能な業者をお探しですか?

今回は、弊社が吹田市でおこなった、台風被害を受けた屋根の雨漏り応急処置をご紹介します。

台風通過後は、弊社へも屋根修理のお問い合わせが殺到します。

そんな中、心配なのは修理の遅れによる二次被害ではないでしょうか。

屋根がめくれた状態であっても雨水は容赦なく降り注ぎ、結果、雨漏りを引き起こすことも少なくありません。

弊社では、雨漏りによる被害を最小限に抑えるため、迅速・丁寧な応急処置をさせていただきます。

 関連ページ 

 関連動画 

吹田市 雨漏り応急処置【ビフォーアフター】

雨漏り原因となっている屋根を、プロが丁寧に応急処置いたしました。まずは、ビフォーアフターをご覧ください。
200302_maxreform_LP_fmt_14
カラーベストの捲れ
台風による強風でめくれた屋根は、部分的に破損し、内部の下葺き材が露出しています。

また、すでに建物内部では雨漏りが生じていました。

雨水は建物の骨組みや内装へ大きなダメージを与えます。これ以上被害を拡大させないためにも、早めの対処が必要です。
200302_maxreform_LP_fmt_24
200302_maxreform_LP_fmt_16
丁寧に養生された屋根
雨漏りの原因となっている屋根の隙間を防水シートで覆いました。

また、耐風性を高めるためにシートの端は木材で留めつけています。

雨水の流れを知り尽くしたプロによる応急処置で、雨漏りによる二次被害を防ぎます!

吹田市 雨漏り応急処置で建物への被害を最小限に抑える!

では、屋根修理のプロによる雨漏り応急処置をご紹介します。雨水の流れを知り尽くしているからこその、丁寧で確実な応急処置をご覧ください。

吹田市 雨漏り応急処置step1「ご挨拶とヒアリング」

お客様邸に到着
まずはお客様へのご挨拶からです。

お住まいに関するお困りごとやお悩みごと、ご不安に思われていることなどを私たちにお聞かせください!

分からないことがあればご遠慮なくお聞きくださいね。
台風被害のカラーベスト屋根
「台風時に雨漏りが始まり、遠くから屋根を確認したら色が変わっていた…」

このようなご相談をいただき、吹田市のお客様邸に駆けつけました。

実際に屋根に上がって徹底調査した結果、弊社では「屋根カバー工法による復旧が最適である」と判断し、ご提案させていただきました。

そのため、修理日までの雨水浸入を防ぐために既存の屋根を応急処置します。まずは、応急処置前の屋根の状態から見ていきましょう。

吹田市 雨漏り応急処置step2「屋根を確認」

カラーベストの捲れ
こちらが台風被害を受けたという既存の屋根です。こちらの屋根には「スレート材(カラーベスト)」とよばれるセメント板の屋根材が葺(ふ)かれています。

スレート板は、一枚一枚が釘やビスで固定されていますが、強風の影響で捲(めく)れてしまったのでしょう。

屋根材は強風に耐えられず、重なり部分を残して部分的に飛散していました。屋根材の下に見えるグリーンのものは下葺き材(防水シート)です。

お客様がおっしゃっていた「色が変わっていた」という部分は、屋根の下から露出した防水シートのことですね。
割れて飛散したカラーベスト
さらに近くで割れた屋根材を確認します。スレート板を留めつけている固定釘が丸見えです。

これでは、屋根材を固定している釘穴から雨が入り込みます。このままでは、屋根がほぼ雨ざらしの状態です。

修理日まではまだ日数がありますが、これ以上の雨水浸入を許すわけにはいきません。さっそく、応急処置に入ります。

吹田市 雨漏り応急処置step3「防水シートを敷設、胴縁の打ち込み」

養生後カラーベスト屋根
今回は、屋根の下葺き材として採用される高機能防水シート「片面粘着ルーフィング」を使用し、応急処置を施します。

片面粘着ルーフィング(カスタムライト)は、片面が粘着シールのようになった防水シートです。これを、屋根材が捲れた部位に被せこみ、ぴったりと密着させます。

ただ、既存の屋根面は、経年により粉塵や苔などの汚れが付着しているため、防水シートがしっかりと密着できません。

そこで、要所要所に「胴縁(どうぶち)」とよばれる木材を打ち込むことで、応急処置として張ったシートが捲れないよう補強します。..

吹田市 雨漏り応急処置step4「棟までしっかり養生」

カラーベスト屋根養生
屋根面を養生する際のポイントは、「棟の頂点を超える位置まできちんと応急処置を施す(シートを覆い被せる)」ということです。

上写真のように、棟までくるみ込むように施工することで、風に対して耐力を上げます。また、シートの端末(端っこ)は捲れる恐れがあるため、こちらも胴縁を打ち込みしっかり養生しました。

雨水は建物内部に入り込むことで、建物自体の寿命をも縮めかねません。これ以上の雨水浸入は一滴たりとも許しません。

吹田市で雨漏り応急処置なら「マックスリフォーム」!

マックスリフォーム 松本和也
吹田市で雨漏りの応急処置のことならわたしたちにおまかせください!

雨漏り修理のプロが無料で駆けつけ、トラブル原因を徹底的に調査いたします。

台風による屋根被害は火災保険が適用できるケースもあります!

屋根工事前のご挨拶
新築時に多くの方が加入する「火災保険」。実は、火災保険の中には、「風災(強風・暴風による被害)」も補償の対象となっているものがあることをご存知でしょうか。

「うちの屋根修理には火災保険が適用できる?また、どれくらい補助してもらえるの?」

「火災保険って使ったことがないし、申請の手続きが難しそう…」

弊社では、火災保険を活用した屋根修理・工事を多くおまかせいただいております。
「相談」「現地調査」「ご提案」「お見積もり」まではいつでも無料です。

お気軽にご相談くださいね!

吹田市のその他関連記事