豊中市 屋根修繕!ちょっとした屋根トラブルもプロが解決!

※2021年8月7日 記事公開

こんにちは!屋根工事専門 マックスリフォームです。

豊中市で屋根修繕業者をお探しですか?

今回の記事では、弊社が豊中市でおこなった屋根修繕事例をご紹介します。豊中市でちょっとした屋根トラブルにお困りなら、ぜひ、今回の記事をご参考にされてくださいね。

 関連ページ 

 関連動画 

豊中市 屋根修繕【ビフォーアフター】

まずは、弊社が豊中市でおこなった屋根修繕のビフォーアフターをご覧ください。
200302_maxreform_LP_fmt_14
修繕前の屋根は部分的に崩れている
強風により屋根材の一部が剥がれ落ちています。

屋根材が剥がれたことで、内部の下地材(白い部分)が雨ざらし状態です。

このままでは雨漏りを引き起こすだけではなく、新たな屋根飛散・落下も懸念されます。

修繕費用を最小限に抑えるためにも、早めの対処が必要です。
200302_maxreform_LP_fmt_26
200302_maxreform_LP_fmt_16
修繕完了後の屋根
部分的な修繕で屋根機能が復旧しました!

強風で被害を受けた箇所以外にも、屋根材のズレが生じていたため、そちらも可能な限り復旧しています。

とはいえ、屋根を健全に保つためにはプロによる定期的な点検が欠かせません。災害による被害を最小限に抑えるためにも、また何かございましたらお気軽にご相談ください!

豊中市 屋根修繕!プロが無料で駆けつけ徹底調査します

まずは、プロによる事前の無料調査からです。徹底的な原因調査で最適な解決策を導き出します。

豊中市 屋根修繕前の無料点検step1「落下した瓦」

屋根材が落下した後の破片
今回、お問い合わせのきっかけとなったのが強風による屋根飛散です。

風で煽られた屋根材の一部が飛散し地面に落下。そのため、屋根の一部が崩れたように見えます。

こちらの屋根に設置されているのはセメント瓦です。ご自宅のまわりには、強風によって飛散、落下し割れたセメント瓦の破片が散らばっていました。

セメント瓦…セメントに川砂などを混ぜて成形した屋根材のこと

豊中市 屋根修繕前の無料点検step2「三段ハシゴをかけて屋根に上がる」

梯子で屋根に上る
お客様に許可をいただけたら屋根に上がります。三段はしごを使用し、屋根修繕のプロが実際に屋根を拝見します。

「部分的な修繕で復旧が可能なのか、広範囲の修繕が必要となるのか、どのような解決策があるのか」

実際に至近距離で調査することで、より正確に現状を把握できます。

豊中市 屋根修繕前の無料点検step3「瓦の飛散を確認」

セメント瓦飛散
強風で屋根に葺かれた瓦が飛散し、部分的に抜け落ちています。

落下せずに屋根に残っている瓦もありますが、何かの拍子でずれ落ちる恐れが高く危険です。

豊中市 屋根修繕前の無料点検step4「瓦のズレを確認」

瓦ずれ
屋根面を横からも見てみましょう。屋根瓦が大きくずれているのが分かります。

屋根瓦が元々の位置からやや下方へ下がっている様子です。
瓦ずれ
屋根瓦がズレることで、強風による飛散や落下リスクが高まります。

また、瓦同士の間に不要な隙間が生じることで、「雨水の入口」に発展することも考えられます。
瓦ずれ
拝見したところ、こちらの瓦は3枚に1枚程しか釘で固定されていません。そのため、固定されていない箇所の瓦が、強風による影響を受けて飛散したと考えられます。

豊中市 屋根修繕前の無料点検step5「防水紙の確認」

瓦ずれ
屋根材の下には二次防水として「防水紙」が施工されています。幸い、防水紙は破れていません。

そのため、雨漏りに発展せずに済んでいます。やはり、早目の対処が大切ですね。

豊中市 屋根修繕前の無料点検step6「応急処置」

防水紙で養生
このままでは、すぐに雨漏りとはいかなくとも、雨水が確実に屋根内部の下地に浸入します。

雨水を長く含むことで建材を劣化させる恐れがあるため、片面が粘着シールのようになった「片面粘着ルーフィング」という防水シートを使用し応急処置させていただきました。

これで、修理日までの雨水は防げるでしょう。

豊中市 屋根修繕前の無料点検step7「ご報告」

無料調査の様子
無料調査が完了です。調査時に記録した画像や動画をお客様にお見せします。

その上で、屋根の現状と必要となる修理内容をわかりやすく、丁寧にお伝えします。分からないことがあれば、何でもお気軽にお聞きくださいね。
・瓦が部分的に飛散し消失し、内部の下地が露出している放置することで雨漏りに発展する可能性が高い

・瓦のズレにより屋根に不要な隙間が生じている、不安定な状態雨水浸入、新たな飛散・落下の可能性

・部分的な瓦の差し替え、ズレの補修

現状から、弊社では割れた瓦を新しい瓦に交換する「差し替え」で復旧可能と判断いたしました。

 関連ブログ 
「吹田市 屋根修理 ちょっとしたトラブルも屋根のプロが解決!」はこちら


豊中市 屋根修繕 ちょっとした屋根トラブルもプロが解決します!

それでは、弊社が豊中市でおまかせいただいた屋根修繕をくわしく見ていきましょう。

豊中市 屋根修繕step1「改めてご挨拶」

お客様にご調査結果を報告
後日、改めてお客様にご挨拶させていただきます。また、当日の作業内容を改めてくわしくお伝えします。

ご不在の場合は、ご都合のつく時間帯にご連絡を差し上げます。

豊中市 屋根修繕step2「修繕作業」

修繕開始
既存瓦と同じタイプの瓦を搬入し差し替えます。また、瓦がズレて不安定になっている箇所も可能な限り修繕いたします。

今回は釘で固定されていない箇所の瓦がズレているため、その部分の瓦を元の位置に戻す作業です。

豊中市 屋根修繕step3「完了」

瓦差し替え
修繕作業が完了です。今回は3枚に1枚くらいしか固定されていなかったということもあり、部分的に差し替えることができました。

これが、大棟の下の瓦であったならば、棟を解体しなければ差し替えられません。

早目の修繕で雨漏りは新たな飛散等の二次被害を防ぐことができました。部分的な修繕で済んだため、施工にかかる費用も最小限に抑えられます。

豊中市で屋根修繕のことなら「マックスリフォーム」

杉本匡志
豊中市で屋根修繕ならわたしたちにおまかせください。

屋根専門の知識をもつ屋根修繕のプロが徹底した調査で現状を調べ上げ、最適な施工で屋根を復旧させます!


相談・現地調査・ご提案・お見積もりまでは無料!

無料おすまい調査中
わたしたちはいつでもすぐに豊中市へ駆けつけ、無料で相談・現地調査・ご提案・お見積もりまで承ります。

その理由は、「トラブルを解決するため=お客様に喜んでいただきたい」からです。

現状を十分に調査しないままの中途半場な修繕では、その場ではトラブルが収まったように見えても、時間の経過とともに高い確率で再発します。

「お客様に余計なお時間とお手間をかけさせたくない」

だからこ、無料といえども徹底的に原因調査いたします。その上で、プロが最適であると判断した方法のみをご提案いたします。

豊中市のその他関連記事